マーダーミステリーを作ってます


Twitterではちょいちょいお伝えしていますが、「マーダーミステリー」というものを作っています。

ボードゲームとかやられる方はご存じかもしれませんが、知らない人は

「まっ マーダー??なんか穏やかじゃないな…」

とお思いになるかもしれません💦

2年前ぐらいから流行っている、殺人事件の登場人物になって、遊ぶゲームです。

5人~10人ぐらいとかでやるんですが、犯人が一人とか二人いて、あとの人は犯人を推理する役、というゲームです。

これ、最初聞いたとき

「うっぉぉおぉぉ」

と大興奮しまして。というのは、私、殺人事件が好きなんですよ(笑)

もちろん創作のって意味でですよ(笑)

コナンとか、金田一とか、アガサクリスティーとか、大好きなんですよおお。

その中の登場人物になって、推理をするってのはめっちゃやってみたかったことなんですよね。

 

ってか、私たちはマーダーミステリーという言葉が日本にないころから、似たようなことやってましたけどねw↓

ジャスミン殺人事件

 

そこで、マーダーミステリー(以下マダミス)を5作ぐらいやってみたところで、次のように思いました。

先ほど、コナンとかアガサクリスティーが好きだったと書いてましたが、もう少し原体験的なところで言うと、

「二時間もののサスペンスドラマ」。

 

あれが大好きだったんですよね~⊂(^-^)⊃。小学校5年生ぐらいの私が大好きだったのは「土曜ワイド劇場」と、「火曜サスペンス劇場」。(古くてすみません)

旅館の女将が、殺人事件に巻き込まれて、
『あなたがやったんでしょ!今なら自首すれば刑が軽くなるわ!』
とか言いながら、断崖絶壁で逆に犯人につかみかかられてピンチになったところを刑事さんが助けに来る

ああいうドラマが大好きでしたね~。

 

しかし、どちらかというと流行っているマダミスは、自分的には自由度が低いなと感じました。

誰かのシナリオ通りに動くのですから、仕方がない。

あと、スリルがもう少しほしい(笑)。断崖絶壁に追いつめられるスリル…とか人狼みたいなスリルですね。

私は人狼も大好きなので、人狼的な要素を何か入れたいなと感じました。

 

というわけで、私みたいに思う人も少なからずいるのでは?と思って、バーッと1日ぐらいで書いたんです。

それが今年の2月ぐらいですね。しかし、コロナの影響とかで半年ぐらい何もできず、8月ぐらいからテストプレイをやり始めました。

 

そしたらですね、テストプレイってめっちゃ楽しいんですよ!!!

自分が作った脚本を皆さんが俳優&女優になって演じてくださるという。o(>▽<)o 知ってる友人がしてくれるとなんかさらに面白かったですね。

 

ただ、ゲームを作るのは私は人生で初めてでしたので、誤算も多かったです。

例えば、「○○できます」と書いておかないと、皆さんやっていただけない、とかですね。

マダミスも急速に流行っているので、なんかもう形式ができあがってたりとかですね。

好きな人は

「300作やってます」

という方もいらっしゃったりして、驚きました。( ゚Д゚)

ただ、テストプレイってその場でやって、その場でご意見頂けるので、それが貴重で、本当にありがたいですね。

私は本職ではシステムを作ってますが、使ってくれる方にその場で使ってみてもらって、その場で意見を頂きたい。

人間というのは決して合理的に動くのではなく、感情で動くし、どちらかというと超受動的に動かれるのだな、というのは貴重な気づきでした。

本職にも生かせる気づきでしたね!

 

従来のマダミスより自由度を高く、スリルを高めるために、テストプレイを重ねて、実際に皆さんに試してもらってゲームシステムを改善してきました。

1個修正すると、それでゲームバランスが崩れて…また見直して…みたいなことがかなり必要でした。

1か月に1度テストプレイをしてきて、なんともう5回もやり、5か月がたちました。

なので、ベースのシナリオを作るのは1日だったんですけど、その後のちょいちょい手直しやゲームシステムの見直しなどで、結局1年がかりのプロジェクトになりました!

もちろん、私一人が作ったわけではなく、人狼屋の宮川さん、旦那氏がすっごい協力してくださってできたゲームです、ヾ(´ω`○).

あ、あとテストプレイに参加してくださった皆様のおかげですね!┌o ペコッ

だいぶ、完成が近づいてきました!

 

シナリオについてさくっと紹介しておくと、次のような感じです。


「人狼型マダミス アスペン殺人事件」

雪深いペンションでひとりの男が殺された。

ちらつく過去の事件の影。
背負った秘密。
渦巻く殺気。
終わらぬ惨劇の予感。

殺されるかも…。
殺すかも…。
++++++++++

この作品は

・スリルとサスペンスを感じたい
・自分で行動してストーリーを進めたい。

そんな人にお勧めです。

注:このストーリーは暴力的な表現を含みます。
注:このストーリーでは途中で死亡することがあります。(死亡してもなんらかの形でゲームに参加できます。)


 

次回のテストプレイが1月16日にあります。場所は下北沢です。

ご興味ありましたら、Twitterなどからご連絡ください。↓

ただ、途中で埋まってしまったり、主催の都合でお断りすることがあるかもしれません。その場合は申し訳ありません。┌o ペコッ

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です