PHPカンファレンス見ました


今月の12日にPHPカンファレンスありましたね!

今年は、オンラインの開催で、リアルタイムにみる必要ないんじゃない?って思った方も多いかもしれませんが、私が思うこのセミナーのいいところはモチベの高いPGの集まりなので、刺激を受けて自分もモチベが高まるところですね。(去年も同じ話してますが💦)ちなみに去年↓

PHPカンファレンス 2019 に行ってきました

 

 

DiscordやYoutubeのコメントなどで、そういうのが感じられて、

「やっぱりIT業界はいいなぁ…。(^_^)」

と思いました!

 

また、このセミナーのいいところは、実際の実用的なアプリでどのように取り組んできて、どのような失敗があったかという話を聞けることですね。

知ってることとやったことは100倍ぐらい重みが違うので、ためになります。

 

PHPに関しては、悪く言われることも多い言語ですけど、私はもう10年ぐらいPHPやってきて、PHPやってきてよかったなー、と思っております。言語というのは、すたれない勝ち馬に乗ることも大切なので、今のところ、まだPHPがメジャーであるのは確かですし。Javaの次に好きな言語です。

 

弊社でもいつかこういうののスポンサーになって、誰か弊社のPGが壇上で話してくれるといいですね!( ˊᵕˋ )

では、内容ですけど、私が見たものだけ、まとめをさくっと書いておきますね。

 

1.PHPStan使う

・PHPの静的言語解析をするツール。できれば使っていきたいですね。

・PHPDocsちゃんと書きましょう。

・PHPStormでもuseで使う名前空間の並び替えとかやってくれるらしい。

 

2.テスト駆動開発の導入(シャドウバース)

・テストを書くための時間がないんじゃない、テストを書かないから時間がないんだ!(…刺さる…(>_<))

・決まった時間にテスト実行しよう

・アプリDBとテスト用のDBを切り離そう

・大規模なリファクタをする場合、大きなスコープでテストを書いてから、小さなスコープに切り出しておく。

それでIN/Outが変わっていないことを確認。そうすると、失敗が少ない。

 

3.事業のスケールアウトをプログラミングで支える★

・アプリはリリースしてからが本番

・書き込みが多いアプリケーションはCassandra、DynamoDBなどを使っていく

・CQRSに取り組む

例えば、ランキングの取得とか いちいちDBにアクセスして集計していたら大変…。

でも、誰かがイイネを押したら、更新されないといけない…。

→前日にランキングのデータを作っておいて、後はイイネが押されたらDBのトリガーを走らせて、DBを更新するなど

・2フェーズコミットは難しいからやめたほうがいい

・イベントソーシング ApacheKafkaがいいよ

・分散トランザクションも難しいのでやめたほうがいいよ

Sagaというソフトがあるらしいけど、難しいのでやめたほうがいいよ

・Kappaアーキテクチャがおすすめ

 

4.Composer2の話

Composer2がだいぶ早くなったよー

OSSのソース見るのは勉強になります。読んでみよう!

 

来年も、これ見れるといいな。

運営の皆様に感謝です!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です