タヒチに行ってきました


10月も半ばを過ぎましたね!

この世に増税して景気がよくなった社会はないらしいですね。つまり、これから景気が悪くなるってことです。どひゃー。。。

さて、不穏な書き出しとは関係なく、7月にタヒチへ行ってきました!

新婚旅行というやつですが、イタリア・タヒチの2択で、タヒチにしました。タヒチの方が、新婚旅行っぽいかなーとヾ(´ω`○).

 

ボラボラ島というところに行ったんですが、とってもいいところでしたよ!

オテマヌ山というのがシンボルらしいので、この山が見える客室が高かったりするのですが、私的には、普通に海が見えればそれでいいかなっとw

 

東京→タヒチは直行便がありまして、まずはタヒチ本島へ到着。

乗り換えを待つ間、空港で食べためちゃくちゃまずいホットドッグ(笑)。

喫茶スタンドみたいなところで頼んだんだけど、そこのおにーちゃんが、何度も厨房みたいなところへかけこんで作っていた…。

その苦労に見合わず、パンは水分でふにゃふにゃ、ソーセージは生っぽくてものすごくまずい、ケチャップとマスタードの味でなんとか流し込むという感じw

「いやな予感がするのぅ…」

 

ボラボラ島へはトランジットで小さい飛行機にのります。

所用時間、20時間は超えてたかな?

でも、行ったかいはありました!

とにかく、きれい!⊂(^-^)⊃

ハワイとかもいいけれども…

こう、手垢のついてない楽園感があります!小さめのホテルを選んだからってのもあるかもしれませんが。

環礁にぐるりと囲まれているので、ビーチはとても波が穏やかで、魚が海の上からも見れるぐらい透明な海。

そして、気候がなんともいいんですよ!暑くもなく、寒くもない!!!穏やかな南風に吹かれていれば、冷房もいらないぐらいなんです。

咲き乱れる色とりどりの花!

空を飛ぶ白い南国っぽい鳥たち…。

なんじゃこの楽園は…(ノω・、) ウゥ・・・

ホテル内での移動は自転車です。

 

「ううう 日本に帰りたくないよう…」

と言いながら、プールや海で泳いだり、シュノーケルしたりしたらあっという間に日々が過ぎていました。。。

シュノーケル大好きー₍ᐢ⑅•ᴗ•⑅ᐢ₎♡

熱帯魚がサンゴの間をちょこまかしてるのって、本当にきれいですよね。

海はかなり好きです。眺めてもよし!入ってもよし!潜ってもよし!!

なんか、箱みたいなのに入って海に入るるやつもやりました。

これ、すっごく楽だったし、3メートルぐらいのところで魚やサンゴが見れてよかったですo(>▽<)o

最初のホットドッグで戦々恐々としていましたが、ご飯はずっとホテルだったんですが、普通においしかったです。

毎日、朝食を「パンケーキ」「ハニートースト」ばっかり食べてたら、当たり前に太りました(ノω・、) ウゥ・・・

そして、大後悔したのが日焼け!!!

色が黒くなってるやんwwww

1か月後には結婚式があるのに!!!( ゚Д゚)( ゚Д゚)( ゚Д゚)

くっきり水着の後がついてしまった…日焼け止め、しっかり塗ってたつもりだったんですけどね(つД`)

 

なぜか、旦那氏とはまってやってたのが、「気取ったノマドワーカー」っぽい写真や「ネットワークビジネスで儲けたセレブ気取り」風の写真を撮ることw

ビーチでMacbook広げてみたり、小説を読んでみたり…(笑)

 

話は飛びますが、私、ネットワークビジネスって苦手なんですよ。しかし、よく誘われます。

ネットワークビジネスの大手に、「タヒチアンノニジュース」というのがあります。

勧誘の際は

「タヒチの人たちは、ノニで健康!」

みたいな話を聞きましたが、タヒチのスーパーで、ノニの字をまったく見かけなかったですね…。

しかし、この時の勧誘の印象で、

「タヒチって、すごくいいところだよ~ のんびりしていて、神秘的で、自然が美しい」

みたいなことを聞いていたので、今回タヒチに来てしまったのかもしれません。人生、万事塞翁が馬ですね。

さて、ボラボラ島はそんな感じであっという間に日々が過ぎてしまいましたが、日本に戻るために、一日タヒチの本島で過ごさなければいけませんでした。

パペーテという都市なんですけど、口コミなどで、

「まったく面白みはない。あるのはカルフールという大型スーパーぐらい」

と見ていたので、まったく期待していなかったんですけど、意外と面白かったので書いておきます。

今回の旅行は、全部、自分たちで手配したんですけど、最後のホテルは、Booking.comで口コミが1件もついていないホテルを選んでたんですね。
空港にも近いし、安いし、きれいそうだし、いいかなーと。

んで、空港からホテルに、送迎してくれるというのでメッセージを送るも…。最後のメッセージは、

「空港に迎えに行くから、ここに電話してちょ (以下電話番号)」

で終わっている。

しかし、迎えっぽい人とは出会わず…。 待ち合わせ失敗。

 

海外で電話かけるのって、めっちゃ難ゲーなんですよ!!!

そもそも、かけ方がわからない。流れるメッセージも意味がわからない。こっちは電話を受けられない。

KIOSKのお姉さんに泣きついて、なんとかその電話番号にかけてもらったんですが、ずっと留守電っぽい。

「仕方ないからタクシーで行くか…」

となり、タクシーの運ちゃんに聞いたところ、わらわらと何人か集まってきてくれて、全員

「こんなホテル、知らないだよ」(意訳)

と言います。

「ああー やってしまったかー?!(ノω・、) ウゥ・・・」

と内心焦ってきました。

お金を前払いしたわけでもないですが、今日の宿を今から探すのが大変そう。

タクシーの方々が

「とりあえず、書いてある住所に行ってみっか?」(意訳)

と言ってくれるので、行ってみることにしました。

パペーテは、沖縄っぽい雰囲気ですね。背の低い建物が、雑然と並んでます。

そしたら、普通の家っぽい白い建物がありまして、駐車場の車の前におじちゃんが待っていました。

で、そこがホテルというか、ゲストハウスで、そのおじちゃんがホテルの運営者だったわけです。

かなりきれいな建物で、中もきれいでした。

「つい最近始めたんだ」

と言いますが、いろんなことになれていなくって、もしかして、うちらが初めての客なのでは…?!ぐらいの勢いでした。

お部屋はこんな感じ。ベッドが私でも、縦幅ギリギリw

おじちゃんは、待ち合わせがうまく行かなかったことをすごく謝ってくれました。

プラス、うちらが不安がっているように見えたのか、

「心配しなくていいよ!なぜなら、僕はこういうものだからサ!」

と、おもむろに何かを取り出すと見せてくれたのは、警官バッジ。(とはいえ、外国のモノだから真偽は不明…。)

「そう、僕は警官なんだ!で、ここは、警察関係の建物だから、君たちはとっても安全な場所に泊まるってことなんだヨ!」

「お、おう…」

ありがたいことですね!で、その後も、その引け目からなのか、観光スポットと言われる大型スーパーまで送迎してくれました。

夜ご飯も、地元の人に人気だという、フードトラックってのを紹介してくれて、送迎してくれました。

フードトラックというのは、公園みたいなところに、ワゴン車が何台も止まっていて、その車内や地上で屋台みたいなのをやってるんですよね。

安かったです。

私としては、観光客向けのところよりも現地の人が行くようなところに行きたいので、これはかなり面白かったです。

道中、おじちゃんと色々な話をしましたが、日本にも来たことがあるらしく、また日本に桜を見に行きたい、と言ってくれて嬉しかったです。

と、このように至れり尽くせりしていただきまして、思っていたよりもずっとパペーテでの滞在が楽しかったです。⊂(^-^)⊃

おじちゃんが

「よいと思ってくれたら、口コミをぜひつけてくれないか??」

と言っていましたので、もちろんつけましたよ!✌

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です