人狼談義:連続ガードないときに占い師とか霊媒師とかCOすべきか?


えー、以前にですね、確率の本を読んだって話したときに、確率がパパっと計算できる人になりたい!とか言ってましたが

勝負事には何においても確率が大事だと思うので、私が大好きな!人狼についても確率で何かを論じてみようと思います。

ちなみに、これは、断じて押し付けとかではありませんからね!!私がこう思う~ ってだけの話です。(^_^;

そして、インフルエンザになったのに一晩で治ったので、暇なのもありますw ⊂(^-^)⊃

 

さて、表題の件ですね。

ボディーガード(騎士とかハンターっていう場合もありますね)が連続ガードをルール上禁止されている場合です。

この時、占い師とか霊媒師とかのCOを促すのに反対派と賛成派があります。

私は賛成派です。

占い師とか霊媒師を出さないと、意外と1日目の昼の処刑、夜の人狼の襲撃でどっちかが死んじゃって、狼に乗っ取られることが多いですよね。

反対派さんの意見としては、連続ガードないし、最初の夜は、特に霊媒師は結果もないので、出る必要がないってことですね。

出ると、連続ガードがないから2日目には人狼の襲撃に合うので、危ないってことですね。

13人村、3人狼で考えてみます。

1日目の投票で役職者が処刑される確率は 2 ÷ 13 × 100 = 15%。

1日目の襲撃で、昼間村人が処刑されるている場合、狼側からすれば12人-3人で9人の村人中、2人の役職者(占い・霊媒)を襲撃できればラッキーなんですよね。

22%ですね。

22%を大きいと感じるか、少ないと感じるか??

私は人狼の偽役職者に村が乗っ取られると、スコーンと負ける、あの感じが嫌いですwww

なので、偽者に乗っ取られるぐらいなら、とりあえずCOがあって、襲撃されたとしても

「あー。占い師だったって言ってたAさん死んじゃった…。でも少なくとも狼じゃなかったんだ…」

とは思えるほうがいいですね。

 

でも、勝負ごとは確率が大事ですが、ニセアカギみたいに確率で論じてても勝てないというのはありますよね!

確率がわかったとしても、当たったり駆け引きに勝たないと意味がないわけですから。

私は一時期、身内切り(人狼が人狼に投票すること)をすべきではないって思ってた時があって、身内が怪しまれるとかなり強引にかばいにいったりしてました。

根拠は身内の代わりに村人を処刑できたほうが勝率がぐっと上がると考えていたからです。

でも、そのせいでだいぶ負けましたね(^_^;(すみません ┌o ペコッ)

 

もちろんこれは人狼やっててもよく議論になる話なので、皆さん意見がおありだと思います(^_^)

実際は、村の総意とか、役職者さんの気持ちとかで全然OKです!!⊂(^-^)⊃

 

さて、本当は今日の話は、大人なんだから、もっと大人

13C6  

がどうのこうのとか書こうと思ってたんですが、数学は元から苦手なのとあまりに勉強が足りてないので今度にします(;^ω^)。

ふわー 人狼したいなぁ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です