Smart動態管理の地図がバージョンアップしました そして重要なお知らせ


本日、Smart動態管理がメジャーバージョンアップしました!

目玉としては、地図のバージョンアップです。

旧来の地図はこんな風で

新しい地図はこんなです。

大きな違いは、高速や国道が色がわかれて見やすくなったのと、ドライバーさんの名前が、前はアイコンをクリックでわかったのですが、今回の地図から、氏名がアイコンの下に表示されるようになり、すぐに誰がどこにいるか、わかりやすくなったのです!!!

前の地図も、私的にはシンプルで好きですけどね(^_^)

また、建物の名前やランドマーク、駅などもよりはっきりとわかりやすくなりました。

弊社では、Mapboxという地図を利用していますが、このMapboxが、新しくなった、ということです⊂(^-^)⊃

新しいMapboxは、Web GLという技術を使っています。

専門的な話は省きますが、この地図は、すべてデータなんですよー!!画像ではないのです。

それってすごくないですか?!Google Mapさんもそうなんですけどね。

 

で、重要な話、というのは、とても残念なんですが、現時点のInternet Exploler、Microsoft EdgeはWeb GLへの対応が中途半端です。

ですので、Internet Exploler、Microsoft Edgeでは新しい地図が表示されない場合があります。

下記のサイトを該当のブラウザで見ると、Web GLへの対応がいかほどかわかりますが、

https://get.webgl.org/

Internet Exploler、Microsoft Edgeは「実験的段階」らしいです。

ってか、マイクロソフトってなんでちゃんとブラウザ作らないのー

昔から

変わらぬ苦労を

かけさせる

MSご謹製の

ブラウザソフト~

というわけで、申し訳ありませんが、Chrome、Firefox、Safariなどをご利用ください。

お手数をおかけし申し訳ありません。

 

 

で、社内でMapbox関係をやるのは私の担当になっています。(コッソリ言います…)

最初は、このアップデートが簡単に行くと思ってましたが…Mapboxのドキュメントがわかりにくすぎっ!!(つД`)

サンプルコードを充実させてほしいのに、なんかブログ形式になっていて、どこになんの情報があるのかわかりにくい…。

純粋に技術的ことで時間がかかったりするのはエンジニア的楽しさも感じられますが、完全に他者のツールや他者のライブラリのことでわからないから時間がかかる、というのはフラストレーションがたまりますね…。

地図をカスタマイズして、自分の好きな地図が作れるのがMapboxのよいところですが、今回、そのツールもMapbox Studioというツールに変わりました。

これもまた使いにくいんだよね…。高機能すぎて…。

そして、ほとんど日本語情報ないしw 英語さえスラスラ読めれば、もっと仕事が早く終わるのに~ ぐぎぎ(;´Д`)

本当に今回は生みの苦しみを味わいました…orz

 

しかし、Smart動態管理をご利用の皆様から、

「高速をわかりやすくしてほしい!」

「建物のデータがもっとあってほしい!」

「ドライバーさんの名前が常時表示されてほしい!」

というお声が多く、それに今回お応えできたのでは、と自負しております。

まだまだこれから努力の余地が多くありますが、一層よいものを作れるようにがんばります!

何かご意見などあれば、ぜひお知らせください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です