Java言語で学ぶデザインパターン


Java言語で学ぶデザインパターンという本を読みました!

元旦に、今年は技術書を毎月1冊読むぞ!と誓いを立てましたが、今のところ、続いていますo(>▽<)o

プログラマーを何年かやっていれば、「デザインパターン」のことは知っていると思いますが、

「知っていても使わない」

「知っているけど、どのような局面で使えばいいかわからない」

「んで、結局使わず書く」

という人って多くないですか?(少なくとも、私の周りには多い気が)

 

私も、Singleton、Builder、Adapterというメジャーなパターンは結構使うのですが、ほかのは上記のような状況でした…。

 

でも、この本では、

「どのような局面で使うべきか」

「なぜ、使わないより使ったほうがいいのか」

 

ということが書かれていて、それが大変勉強になりました!!!.゚ヽ(*´∀`)ノ゚

 

ま、あえて言えば、構成的に、解説→ソースコード よりも ソースコード→解説 の順番に書いてほしかったとか、重すぎるので、余白省いてほしい…という点が不満です…。

とはいえ、良書だと思いますよん♪

droid_and_dumbo

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です