転職は冒険とかそういう転職を軽々しくそそのかす転職広告に違和感を覚える


電車に乗れば、転職広告だらけ。

Webサイトを見てても、転職エージェントの広告だらけ。

ま、後者は弊社で私が転職エージェントのサイトを見てたりするから、もあるかもしれませんが。(転職するわけじゃないですよ。当たり前ですが!!!求人広告を出すために見てるんです)

で、なんかな~ と思わず思っちゃうのが、

「転職は冒険」

とか

「転職はキャリアアップ」

とか、

「友よ!今こそ夢をみよう」

とか、とにかく転職をそそのかす広告が多いことですね。

もちろん、転職屋さんは、転職させると転職者の年収の○○%をもらえるわけですから、転職者が多いほうがいいに決まっているので、転職をそそのかすのはもちろんです。

 

なんでこんなことを思うかといいますと、転職のリスクというのがあまり認識されていないのかな?

と思うからです。

先日、とある入社して1年程度の若い人から転職の相談を受けました。

一概には言えないですが、一応採用する側の立場から、コメントさせていただきました。

「転職する必要性があまりなさそうなので、やめといたら?」

 

単純な話、

ひとつの会社に6年勤めた方と、

6年間で3社を転職した方と

どちらが次の転職がしやすいでしょうか?

能力とか他のパラメーターをここでは考えなければ、普通の人事部は明らかに、前者の方を採用するでしょう。

ひとつの会社で6年間勤め上げた、ということのほうが、3社転職した経歴より価値があるし、何よりやめるリスクが少ないからです。

 

もちろん、世の中には信じられないようなブラック企業もあります。

しかし、それが2,3回続くのは、本人の情報収集能力や、情報収集の後の決定力の問題ですよね。

不運ということもあるので、転職カードはそのときに取っておいたほうがいいと思います。

 

あとは、若くて成長志向の高い、いわゆる「意識高い」人たちは一度は転職しなきゃ!とかあせるみたいですね。

転職で→キャリアアップして→この不透明な時代をサバイブ!

ということらしいですが、はっきりいって、公務員以外は、どんな会社もリストラの危機があると考えたほうがいい。

(いや、公務員だって日本が別の国になっちゃう可能性や、政治の方向によってはリストラがあるかも・・・)

 

じゃあ、どんなキャリアがサバイブできるために必要か?というと、どんな職場でも通用する仕事ができる人ですよね。

プログラマでさえ、表面的なスキルは2,3年ですぐすたれます。

ビジネスが作れて、直面する困難を乗り越え、成果があげられて、それを継続し、周りの人と人間関係がちゃんと構築できる、とかそういうベースの仕事力だと思うんですよ。

そういう力が、1年2年で転職していたら、逆につかないんじゃないかな。

何かをがむしゃらにがんばって、やりきる、継続するには、3年程度は必要でしょうから。

 

「転職」というと、なんかかっこよい響きがあると思います。

新卒のときとは違って、キャリアが問われるので、ビジネスマンとして大成したような気にもなるでしょう。

かくいう私も、新卒で勤めた会社で、2年目にアメリカ人のヘッドハンターから英語で電話がかかってきて、帝国ホテルのラウンジでそのパリッとしたスーツを着たアメリカ人から、

「アキコ、あなたにはもっと年収の上がるキャリアがある。キャリアもアップする。もっとやりがいのある職場で、バリバリやらないか?!」

といわれ、「ほわゎ~っ!!」と舞い上がった覚えがあります。

でも、進められた会社は「ワールドコム」。なんとその半年後ぐらいに倒産しちゃうのです。

wwww

 

ましてや、「転職しないリスクのほうが大きい!」とかいわれると、海賊王になるために、海に漕ぎ出なきゃ!って思っちゃう人も多いかもしれませんね。

 

弊社に応募してくださる方がいらっしゃいます。

ありがたい話で、じゃんじゃん応募していただきたい。しかし、それでも安易な転職はお勧めしないですよ。

 

安易な転職はあなたの価値を毀損します。

よくよく考えましょう!

青い鳥を追い求める転職ドリーマー

転職ドリーマーから抜け出す7つの成功法則

安易な転職はしない

 

 

4 thoughts on 転職は冒険とかそういう転職を軽々しくそそのかす転職広告に違和感を覚える

  1. 仰るとおりですよ。。。
    キング牧師が泣くって、思います。。。

  2. ですよねー。
    正直、私もこの中で一番
    「友よ!今こそ夢をみよう」
    がひどいと思ってますwww

  3. ホント、そうですよ(しみじみ)。
    とはいえ、いい言葉を(自分を含めて)多くの人が知る機会としてはいい(のかな??)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です