神の視点


さて、昨日の投稿の続きでーす。

「どこでもドア的な技術 LOT は人類始まって以来の願望」

と書きましたが、もうひとつ、これは「人類始まって以来の願望」じゃないかなーって思ったことがあります。

Smart動態管理で今、どこに誰がいるかわかったり、どういう経路で一日動いているかわかるのですが、ある時、それを見ているのが非常に快感だな、ということを感じました。

そう。

俯瞰で地図上を動いているアイコンを見ていると、なんか時間を忘れて見ちゃうんだよね。

理由なく、楽しい。

正直なところ、「これ、面白いから買ってください」と言って売り込みたいぐらいなのです。

なんで面白いのかなー?と色々考えてみました。

 

海を見ていると飽きないように、動くものから目を離せないのか…。

艦隊を動かすラインハルトか海江田館長のような気持ちになるのか…www

いや、これはもはや神の視点だ!と思い当たりましたwww

見ている視点が上からだから。

おととい、スタッフのIにこの話をしたら、全然ピンと来てくれなかったようです。

 

で、今日Tech Crunchさんにて、我らが「タクシー検索たくる」のライバルさん、「Uber」がやらかしているという記事を見まして

http://jp.techcrunch.com/2014/11/20/20141119uber-off/

彼らはUberの移動データをGod Viewと呼んでいるらしい。

おぉー Smart動態管理は「神の視点」だと思っていたことに超似ている。。。

まぁ、部外者の方には「God View?何さまのつもりだ!けしからん!」という感想の方が多いでしょうが…。

 

そして、快感を感じるもう一つの理由は、

「誰が今どこにいて、何をしているか」

をPCの前にいながらしてわかるのは、これまた人類始まって以来の願望 なんじゃないかと思うんですよ。

 

彼氏・彼女・妻・夫・子供・おじいちゃん・おばあちゃん・犬・猫・友達・知り合い、にいたるまで、

「あの人今どうしてんのかな?」

ということを知りたいのは浮気を監視するとか、監視するとかの以前に、なんか純粋な好奇心だと思います。

だから、Facebookも人気あるんじゃないかな。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です