LOT ロケーションオプティマイゼーションテクノロジー


唐突ではありますが、「ロケーションオプティマイゼーションテクノロジー」略してLOTという造語を作ってみました。

いつもさ、こういうのってアメリカから入ってくるじゃん。3文字のイニシャルつなげた奴。

悔しいので、日本初のも作ってもいいかなーっと。

 

さて、なんでこんなこと考えてたのか?というと経緯は長くなります。

先月、「終電なくしたくん」というサービスを始めました。

弊社内の期待を上回る反響で、色々なメディアに取り上げて頂きました。(ありがたいことです。)

ホテル・カプセルホテル・サウナ・マンガ喫茶、それぞれを検索するサービスはあれど、横断的に検索できたら便利だなーと思ったのが発端です。
何より自分が使うかもwww

で、弊社は運送会社・配送会社さん向けに「Smart動態管理」という位置情報を使ったパッケージを販売しています。

簡単に言うと、どこに今、誰がいて、何をしているかわかるシステムです。履歴も残るし日報も出せます。
配送ルートや、近くの配送先を表示して、今からどこに行けばよいのか、何分でどんなルートでたどり着くのかわかるようになってます。

運送会社・配送会社さん向けに必要な機能は一杯あって、必死にかなりのスピードで実装していますが、まだまだ足りないようにも思います。

 

「終電なくしたくん」も「Smart動態管理」も究極の目標を考えた時に、
・目的を達成するために今いる場所から行くべき場所を探す
・行くべき場所になるべく早く行きつく

の2つなんですよ。

 

そして、それをかなえられたらそれは「どこでもドア」になるかも。

「どこでもドア」って「しずかちゃんに会いたい!」と入力すれば、しずかちゃんがどこにいるかを探して、お風呂にいれば、お風呂に行く経路を探して、空間を歪曲してノビタをお風呂場に連れてってくれるわけですよね。

まだまだ空間を歪曲することはできそうにありませんが、なるべく近いことができればいいかな。

そして、それは人類始まって以来の願望でもあるんじゃないでしょうか。

そういう場所にひもづいた何らかの提案をするテクノロジーのことを、LOTとか言おうかな、と思いました。

 

さて、人類始まって以来の願望…というキーワードでもう一つ考えたことがあるので、それは明日に書きまーす。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です