コンクリートテクノさんに掲載されました!


コンクリートって素敵な響きですね★
いかにも頼りがいがある、ソリッドな感じです。

今、弊社では「コンクリート」や「セメント」や「生コン」がアツイです。
「生コン」とは「生の昆布」ではなく、「生のコンクリート」です。

えー、本題ですが、コンクリートテクノさん、という雑誌にSmart動態管理を掲載して頂きました。

「スマホが変える 生コン輸送」
スマホが変える 生コン輸送

誠に有難うございました。

生コンの仕組みを知っていますか?

「生コンはさびしいと死んじゃうんだよ!」

ということはありませんが、

「生コンは90分で死んでしまう」

は本当です。

死ぬ、というか、固まってしまうのです。

コンクリートは工事現場で流し込んで固めるので、そこまでは生じゃないとダメなんです。

だから、コンクリートを運ぶ「コンクリートミキサー車」はぐるぐる回り続けているんですね。

コンクリートをいかに早く、適切に、必要な場所に届けるかは、コンクリート業界の命題なのです。

そして、コンクリートを届け終わったら、コンクリートミキサー車を洗ったりしないといけません。
その時間も無駄にはできませんよね。

ドライバー不足の時代がやってこようとしています。

Smart動態管理では、現在いる位置を確認できるだけではなく、どんな作業をどれだけの時間していたか、ということもわかります。

複数のドライバーが、重複した場所にいっていないか、近い場所に行って無駄をしていないかということもわかります。
この機能をDynamic Analytics Viewと呼んでいます。

コンクリート業界の皆様。
ぜひ、Smart動態管理をお試しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です