ウォンテッドリーに登録してみた件 そしてなぜエンジニアは群れたがるのか


もちろん、私が転職活動をするのではなく、

「求人をウォンテッドリーに出してみるといいお!」

と聞いたので、やってみたんですが。

https://www.wantedly.com/

前から興味もありましたので、登録してみました。

私の肩書はエンジニア・プログラマーです。

「世界を変える」とか「熱い人募集中」とか「未来に貢献する」とか結構刺激的なタイトルが並んでいて、普通の求人サイトとは違う感じがします。

ワンピース的なアレでしょうか。

ドン!

話を聞きに行くだけで、焼き肉やしゃぶしゃぶをおごってくれるという刺激的な見出しもあります。

おおっ 行こうかな~www( ・∀・)

 

エンジニア不足な感が今、あるのでしょうか。

 

求人広告を見ていて思うのが、プログラマーを募集している会社さんは、ITの会社というわけではないところもあります。

ITを専業にしていない会社で、エンジニア一人、とか二人、だと、来たってあんまり定着しないだろうな~ と思ったりしました。

エンジニアは群れたがる生き物だからです。

 

なぜか?

「エンジニアはさびしいと死んじゃうんだよ!うさぎとおんなじなんだよ!」

それもあたりですが、ま、私ももし自分が求職活動をしていたとしても、非ITの会社でエンジニアとして入りたくはありません。

それは、自分の仕事をまっとうに評価してくれる人が周りにまったくいない、ということにつながっているからです。

うちの会社でも、面接とかすると、非ITの会社にいたエンジニアとかで、2,3年辞めちゃった人は、大体これが理由ですよね。

「こんなの作ったよ!すごいでしょ!!」

と言ってみても、周りの反応が

「え?( ´Д` ) だってそれがアナタの仕事でしょ。。。」

だけだと、萎えることはなはだしい。それが嫌で、転職したくなっちゃうそうです。

 

あと、周りにエンジニアやプログラマーの仲間がいないと、情報があまり入ってこないし、自分の技術が世に遅れてきているのでは、と焦ったりするのもありますよね。

 

ましてや、非ITの会社だと、プログラマーやエンジニアは「パソコンおたく」の延長だと思っている人がまだまだ多いですから、

「ふぇぇ~ PC動かなくなっちゃったよぉ、直して★」

「キミ、電話回線の営業の相手しておいて」

とかもあったりしていつのまにか、IT周りのことを全部やる雑用さんになりかねないようです。。。

 

日本でのプログラマーの地位を向上させたい!といつも思っておりますが、なかなか難しいのが現状のようですよね。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です