Webのアクセス解析からAndroidとiPhoneのどちらが多いか調べる


Androidの方が出荷台数が上回ったとかいう話が以前ありましたが、世の中のどれぐらいの人がAndoroidでiPhoneなんだろう?ということが気になり、自社管理のサイトのアクセスから調べてみました。

自社のサイトの、onlineconsultant.jp以下のサイトでは

1カ月の携帯端末のセッション数1,600の中で(PCも合わせた総合セッション数は58,054)
1位
Android 749
2位
iPhone 601
3位
iPad 155
4位
iPod 88

となっています。
Androidの方が一見多そうですが、iPadとiPodを含めると、iOSの方が多いですね。
しかし、このサイトはPC向けが主で、そもそも携帯端末向けではありません。
携帯でのアクセスの絶対数も少ないし(^_^;

では、携帯がメインでやっているタクシー検索 たくる の方を見てみると、こちらでは絶対数を出せませんが、フィーチャーフォンも含めた割合をみることができます。

1位
NTT DoCoMo  78.77%

2位
EZweb Device 6.68%

3位
SoftBank 6.32%

4位 
Android   4.38%

5位
iPhone 3.56%

6位
iPad 0.17%

7位
iPod 0.12%

ちょびっとですが、Androidの方が多いですね。

AUからiPhoneが出るので、それで何か変わるでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です