東北地方太平洋沖地震について


3月11日午後に発生した東北地方太平洋沖地震とそれに伴う災害により、多くの尊い命が失われたことに謹んで哀悼の意を表します。
また、被災された方々に心よりお見舞い申し上げると共に、皆様の安全と一日も早い復興をお祈り申し上げます。

なお、弊社の営業は通常通り行っております。

本当に、大変なことになりましたね。
連日報道される被災地の状況をみると、何かできることはないかと思います。
そして、自然の力に想定の範囲内はないんだということを思い知らされました。

今回のことで、スイッチを押せば電気がつき、蛇口をひねれば水やお湯が出る、という暮らしがいかに貴重か、改めてわかりましたよね。

とはいえ、過剰な自粛なども考えものだと思っています。
元気な人は元気にがんばる。
日本を盛り上げていこうと思います。

また、Web業界という観点で言えば、ネットの力があらゆる面で試されましたね。

Twitterの情報がどこよりも速かったり。
しかし、デマも多かったり。
ネットの噂、ニュースはいたずらに恐怖心をあおるものもあったり。

個人的には、テレビの力はいまだ健在だなと思いました。
NHKはもちろん、民法のテレビ局も巨大な資本や各地での情報ソースを持っていて、それを速報で伝えてくれる。
分かりやすく説明ができるスキルがある人間が説明してくれる。
情報収集の能力があったり、情報にリーチできる人間が集まっている。
そういう集合体であるのはやはりすごい強みですね。

地震のあった当日、弊社では多少揺れましたが、ものが落ちるようなこともありませんでした。
避難しましたけどね。(^_^;
Twitterなどで「電車が止まっている」とかなどのパニックは伝わってきましたが、家に帰ってテレビをつけた時に、全国でこんなにひどいことになっている、という被害状況が、目で見てよりよくわかりました。

もちろん、非難されるべき点もまだまだ既存のメディアにはあります。
ただ、情報収集と広報に特化したスキルや資産はまだまだ健在だなと思いました。

2 thoughts on 東北地方太平洋沖地震について

  1. 今回の震災では、TV(主にNHK)とtwitter、ニュースサイトをよく見ましたが。。。
    ごっちんさんとは(珍しく??)違った印象で、既存のメディアの「??」なところが目に付きました(苦笑)。
    これからは、複数の「メディア」を使い分ける必要があるのかなぁ、と思います。

    他方、貴社が大きな被害がなくて、なにより(微笑)。
    仰るように、元気のあるわれわれは元気を出して、被災した人達などを盛り上げていきましょう!!(←元気「だけ」が取り柄(笑))。

  2. >ごっちんさんとは(珍しく??)違った印象で、既存のメディアの「??」な>ところが目に付きました(苦笑)。

    そうなんですね。
    たとえばどんなところですか?ちょっと気になります。

    まぁ、私の場合既存のメディアに対しての評価が低くなりすぎていたのかもしれませんw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です