ツイッターのギャーな話×2



母が最近姉のツイッターを発見したらしい。
わけのわからない単語や
「脱出なう」
とか書いてあるのをみて

「○○子(姉)が新興宗教にでも拉致されたんじゃないか?!
 わけのわからないことばっかり書いてあるし!
 脱出とか言ってるし!
 警察に電話しなくていいか?」

とか言って2時間おきぐらいに切羽詰って電話がかかってきます。
情報化社会 おそるべし・・・。

っていうか、警察呼ばなきゃいけない状況だったらのんきに
「脱出なう」
とはつぶやかないだろう・・・。


今日友人でお取引先の社長さんに
「ツイッター アカウント教えて」
といわれて教えたら

「なにこれw ごっちん こと 後藤暁子って書いてあるよ。」

といわれてちょっと赤面。

え?

そうだっけ?

と思ってみてみると、ホントだ!

「名前=ごっちん こと 後藤暁子」

になっている。。。
なんか私が、すごーくあだ名の「ごっちん」を気に入っている人みたいだ・・・。

いや、でも、多分ですね。

ツイッターのアカウント登録だけは、かなり初期にやっていた私。

新しもの好きの友人と
「アメリカでツイッターというのがはやっているらしいよ?」
「あー ミニブログというアレね」
「やってみようお」
「うん」

・・・といって、二人でとりあえず登録して、二人だけでは使い方や面白さがわからずしばらく休眠・・・

みたいな感じでした。

当時は、
「ニックネーム」
を入れる欄があって、無邪気にあだ名を入れてしまったんだと思うんですよ。

それがいつの間にか、名前と連結されていたんじゃないかなぁ??

いくら私でも、自分で

「ごっちん こと 後藤暁子」

とは書かないよ~涙涙 

というか、メリケンからやってくるアプリやWebサービスは何かとニックネームを入力させられるよね。
このWordpressもそうですが・・・
これもちゃっかりニックネームは「ごっちん」になっているし。。。

ということは、今まで私が何気なくフォローしていた人には

「ごっちん こと 後藤暁子からフォローがありました」

というメールが言ってたのだろうか・・・

あー 恥ずかしや。泣。
もう布団かぶって寝ます。 

3 thoughts on ツイッターのギャーな話×2

  1. 2連発で笑わせてもらいました(笑)。

    ①については、まさに情報化社会恐るべし、ですね(笑)。
    「ミニ」Blogだからあらぬ誤解を招くのですよ、きっと(微苦笑)。
    自分のtwitterアカウントは親に教えないようにします(笑)。

    ②については、「確信犯」だと思っていました(笑)。
    まあ、いいじゃないですか(微笑)。
    自分の場合は休眠しすぎて、アカウントを削除されて、長いアカウント名になってしまったorz

  2. >②については、「確信犯」だと思っていました(笑)。

    うわっ
    やっぱりそう思われてたんですね…
    ショックで切腹したいです…

  3. やっぱりそう思ってしまいました(汗)。
    でも、切腹するほどのショックではないと思いますよ(微笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です