iPhoneのWebアクセスに占める割合


iPhoneの普及はどんどん広がっていますが、実際のところ、携帯とPC合わせてどれぐらいの割合のアクセスがあるのか、調べてみました。

ネットの記事などによると、
ウェブサイトのセッションに占める割合はiPhoneが1.4%、iPadが0.52%
ということですが、一体どういうサイトに対する調査なのか不明なので、実際自社で運営しているサイトについて調べてみました。

携帯サイト、PCサイトというくくりではなく、携帯とPC全部合わせた中の、iPhoneのアクセスがどれぐらいの割合なのか、ということを調べたかったのです。

自社で運営している「タクシー検索 たくる」で調べてみました。
たくるの場合は、携帯のアクセスが特に多い、とは思いますが。
これならPCもスマートフォンも両方調べられます。

1. NTT DoCoMo 45.64%
2. Windows 21.40%
3 EZweb Device 13.14%
4     (not set) 7.69%
5. SoftBank 7.64%
6. Macintosh 1.78%
7. iPhone 1.53%
8. Android 0.46%
9. iPad 0.20%
10. Linux 0.15%

ほほぉ。
怖いぐらい、前出の記事と似たような数字ですね。

これを多いと感じるか、少ないと感じるかは、受け取る側の用途次第かと思います。

iPhoneアプリ開発・Androidアプリ開発はこちら

7 thoughts on iPhoneのWebアクセスに占める割合

  1. なるほど、iPhoneやiPadのアクセスって思ったよりも少ないのですね。。。
    この数値が、これからどのように推移するかが気になります(妄想(謎)発生中(笑))。

  2. あ、思ったより少なかったですか?
    確かに、見かける数よりは・・・という気はしますね。

  3. 仰るとおり、見かける数(電車などでの「占有率」)に比べると少ないかな、と。
    まだまだ、自分のように「フィーチャーフォン」の人が多いんですね(プチ安心)。

  4. いまだに「フィーチャーフォン」です(微苦笑)
    おサイフケータイが手放せなくて。。。
    とはいえ、貧者のiPhone=iPod Touhには惹かれる(笑)

  5. 貧者のiPhone=iPod Touch
    ・・・なんですか??

    iPod touchいいと思いますよ!!ほかに電話があればw

  6. Impressなどの記事によると、そういう呼び方もされているような(笑)。
    まあ、電話の2台持ちは避けたいので、iPod Touchを考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です