テストドリブン


システム開発をするときに、先にテストケースを作ってそれを満たすためにコードを作る。
そういう手法を、テストドリブン開発とかテスト駆動開発とか言います。
細かい定義は色々ありますが、大まかに言うと上記のようなことです。

テストドリブンにしていると、効率がいいというのももちろんありますが、心理的負担が大変少ないように思います。
着実に、開発が進んでいるという確信が得られますし。

後でバグを発見することほどいやなことはないですもんね。
もちろん、テストドリブンはバグをなくすための特効薬ではありませんが。
テストの内容を完璧にかけるということもないです。

さて、この前ふと思いついたんですが、ちょっとした事務作業にも、テストドリブンの考え方を応用できるのではないでしょうか。

「何をパスしていれば、この仕事はOKか?」

ということを、先に明確にして、客先や上司と合意していれば、仕事の手戻りがなくなるのではないでしょうか。

目標を明確にする、ということと意味は似ているかもしれないけど、「テスト」は、絶対クリアするラインなので、目標とは若干違うと思います。

・・・実際には難しいかもしれないし、当てはまる仕事は少ないかもしれませんが。

何かトライしてみたいです。

3 thoughts on テストドリブン

  1. 不勉強(!?)なので、「テストドリブン」という言葉を初めて聞きました(汗)。
    自分の専門=仕事の仕方の工夫を考える、に引き寄せて妄想(謎)発生中です(微笑)。

  2. >仕事の仕方の工夫を考える

    あれ、そういう専門でしたっけ?
    確かに、仕事全般に何か応用できそうな気がします!
    研究に加えてみてくださいm(_ _)m

  3. おそらく、そういう専門だと思うのですが(笑)。
    ITはバズワードも多いけれど、アイディアとして役に立つ部分も多いので、参考にしたいと思います(微笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です