デザイン 色を考える


弊社では、新しく入ったスタッフさんには色のことを教えています。

色というのはセンスももちろんあると思いますが、ある程度の理屈を覚えるだけで、うまく使えるものですよ。

そして、色は科学だとも言えるほど、ある色を見た時の人間の印象というのは大体決まっているそうです。
暖色系は暖かく感じ、寒色系は涼しそうに見える、なんて話は有名ですよね。
黄色や緑、その他の色についても、印象は決まっているのです。
そのどれをどう使うか、でまた変わってきますよね。

そして、好き嫌いが分かれるのも、大体色使いですよね。
こういう好みってなんで分かれるんでしょう?
不思議ですね…生まれ、性別、育った環境などでしょうか。

私個人は、かなり鮮やかな色を使うのが好きです。
自然に近い色が使いたいんですが、私にとっての自然を表す色とは、彩度の高い色なんですよね。
これは、私自身が育った熊本の濃い青い空や、深い緑が関係あるのかも、と思います。

あと、最近思うのは、男性はホントにモノトーンが好きだなぁ、とw
Webデザインのお話を聞いていて、そう思います。
モノトーンは簡単なので、楽ではあるんですが。

そして、無機質な感じもどちらかというと男性が好きですよね。
アップル大好きという人に男性が多いのもこの辺りに秘密があるのかしら?

モテたい人は、ピンクを着るよりモノトーンを着た方がモテるかもしれません?!

5 thoughts on デザイン 色を考える

  1. あるTV局の方のお話を聞いていたら、やはり「色の勉強は大事です」とのことでした。
    好き嫌い(感覚)も大事だけれど、やはり「勉強」も必要なのですね(微笑)。

    ちなみに、自分は(ご存じのように)モノトーンです、楽なので(笑)。

  2. やっぱり(?!)バレていましたか(笑)。
    お察しのように、楽な人です(再笑)。
    性格的にも(?!)白黒付けたいほう、かな(笑)。

  3. いさぎよい、といえば、格好いいですが(照)。
    めんどくさがりなだけかも、です(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です