サイトのリニューアル


現在、弊社サイトのリニューアル作業を進めております。

見た目もだいぶ古くなったので…。
Web屋のページが古くってはダメですよね。

見た目の古い感は、サイトの横幅がせまいせいが多いでしょうね。
昔と違いワイドモニタが一般的になってきましたから。

さてさて、お客様のサイトをリニューアルする場合もそうですが、リニューアルには現状分析が一番大事です。

そこで、弊社のサイトアクセスを分析し、ちょっと赤裸々に公開してしまいます。
12月から1月の間に、Webソリューション関連で、アクセスが多かった順から上に10位まで並べます。

1 ホームページ作成 実績一覧
2 ホームページ作成 料金
3 ホームページテンプレート一覧
4 ホームページ作成 基本料金
5 会員制サイト作成
6 ホームページ作成 見積もり例
7 起業家割引
8 お問い合わせ
9 情報共有サイト Wiki構築
10 お客様の声

実績一覧→料金→テンプレート→基本コース、では、さもありなん、というところですね。

それ以下については、サイトのアクセス分析は、思ってもみなかった結果を出してくれます。

私にとって意外なのは、

①CMSソリューション系で一番アクセスが多いのが、会員制サイト作成

実は会員制サイトについては、あまりお問い合わせが少ないんですね。
で、アクセスされた方のキーワードをみると、
「xoops サイト作成 」
「xoops 会員制サイト 」
などで来られていて、すでにxoopsというものを知っている方のアクセスのようです。
直帰率が、64%と6割を超えています。
おそらく、xoopsという言葉をすでに知っている人は、会員制サイトは自分で作りたい、という方なのではないでしょうか。

コンテンツをもっと工夫する必要がありそうです。
Xoopsを知っている方にも、たとえばテンプレートに手を入れるだけで、Xoopsのサイトとは思えないようなきれいなサイトにすることができます。
このあたりを、アピールしたいです。

ちなみに、会員制サイトCMSとして、Xoopsはもう古いですね。(>_<) ただ、Xoopsという名前が浸透している、歴史が古い、本屋にいっぱい本がある、というマーケティング的ポイントはなかなかほかのCMSが勝てないところですね。 ②ホームページ作成 見積もり例のアクセスが多い

直帰率はわずか21.43%。
このページがインデックスになっている、ということを割り引いても、お客さんが見たいコンテンツとマッチしているといえます。

ここではかなり明朗会計に料金を表示しています。
そのせいでしょうか?

みなさん、ホームページを作るとき、どのような料金がかかるのか、は不安に思われている、という証拠ですね。
ここも、もっとテコ入れする必要がありそうです。

ホームページ作成料金の比較の際、お客さんにとって分かりにくい理由になっているのが、月額料金で課金される会社も多いということです。

ひどいところは
「初期費用0円 更新料金 0円」
とかいいながら、サーバー料金、ということで月額数千円かかる、という会社さんもありますね。
5年縛りとか。

サーバー料金は昨今では非常に安いものです。

システムを構築される場合はなんだかんだと高いものが必要になる場合もありますが、普通のホームページでは、月額1000円のレンタルサーバーでもまったく十分なのです。

トータルで考えて、どちらがお得なのか、わかりにくいという料金構造です。

というわけで、年額や、更新料金を含んだお見積りをサイトに掲載したいと思います。

ではでは、リニューアルにご期待ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です