ミケランジェロ 天地創造


ちょっと今日話題に上ったことです。

下記の絵を見てください。

ミケランジェロ 天地創造の一部

ミケランジェロ 天地創造の一部

誰しも一度はどこかで目にしていると思います。

いろんな会社や大学なんかが使ってますよね。

ほんとはこれ、システィーナ礼拝堂天井画で最も有名な部分のひとつ『アダムの創造』の一部分なんです。

下記のサイトに詳しいです。

http://www.salvastyle.com/menu_renaissance/michelangelo_adam.html

詳しいうんちくは私も調べて知ったんですが(;^ω^)

これだけのたった一つの部分が、すごいイマジネーションを呼び起こしますね。

映っているのは手だけでも、触れようとして触れないこの絶妙な距離。

近づいていくのか、離れていくのか。

お互いがとても大切なことを伝えようとしているのがわかります。

天才の絵画とはかくもパワーがあるのか…

ルネッサンスのころの絵画や彫刻って解説いらないですよね。

五感にちゃんと訴えてくるというか。見ればストーリーがあるというか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です