映画「カイジ」を見ました


一番好きな漫画家は福本伸行先生です。

「カイジ」映画化の話を聞いたときは、キャストに不安があったけど、とっても楽しみでした!

でも、邦画にありがちなやたらお涙頂戴的な終わり方で

「金なんて大切じゃない、大切なのは愛だ!」

とかになってたらどうしよう?!
と危惧してました。

まぁ、その心配は無用だったみたいで、原作のいいところを凝縮して楽しめた気がします。
地下帝国までやるとは思わなかった!

藤原竜也のカイジぶりはなかなかよかったです★
アマミユキもいい味出してたよ。悪い美人っていいねぇ!(^_^)

利根川はちょい迫力不足かなぁ・・・
会長はもっと下品で悪な感じがよかったけどw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です