PC作業で肩こりや腰痛に悩む人は


今日会社で、あるスタッフのモニタがやたら見にくいな??
と思って、いろいろ高さとかいじれないのか調べてました。
モニタとか、イスとか、目線の角度は疲れない角度があります。

肩こりとか、腰痛は、まずこれを見直すべきだ!
と思ってます。

なぜなら、自分自身がそういうことで肩こりがなくなった経験があるから。

結局、そのスタッフのモニタは高さ調節ができなかったので(つД`) イスの高さなんぞを調節してみたりしてました。

ちょっとの時間楽な姿勢と、長時間楽な姿勢は違うんですよね~

昔デパートでバイトしてた時、立ち仕事の立ち方として、
「休めの姿勢はすぐ疲れる。両足を適度に開いて、バランスよく体重をかけるべし」
と教わりました。
確かに、休めの姿勢はちょっとしかもたないんですよ!!

下記は参考サイトです。

http://www.nobiruyo.com/9_1.html

http://www.youkoso-kenkoukanri.jp/kenkou/dousuru/dousuru_2.html

安全衛生情報センターのガイドライン
http://www.jaish.gr.jp/horei/hor1-43/hor1-43-9-1-2.html

以下は上記サイトの抜粋
作業者に自然で無理のない姿勢でVDT作業を行わせるため、次の事項を作業者に留意
させ、椅子の座面の高さ、キーボード、マウス、ディスプレイの位置等を総合的に調
整させること。
イ 作業姿勢
(イ) 椅子に深く腰をかけて背もたれに背を十分にあて、履き物
の足裏全体が床に接した姿勢を基本とすること。また、十分な広さをもち、かつ、す
べりにくい足台を必要に応じて備えること。
(ロ) 椅子と大腿部膝側背面との間には手指が押し入る程度のゆ
とりがあり、大腿部に無理な圧力が加わらないようにすること。
ロ ディスプレイ
(イ) おおむね40cm以上の視距離が確保できるようにし、この距
離で見やすいように必要に応じて適切な眼鏡による矯正を行うこと。
(ロ) ディスプレイは、その画面の上端が眼の高さとほぼ同じ
か、やや下になる高さにすることが望ましい。
(ハ) ディスプレイ画面とキーボード又は書類との視距離の差が
極端に大きくなく、かつ、適切な視野範囲になるようにすること。
(ニ) ディスプレイは、作業者にとって好ましい位置、角度、明
るさ等に調整すること。
(ホ) ディスプレイに表示する文字の大きさは、小さすぎないよ
うに配慮し、文字高さが概ね3 mm以上とするのが望ましい。

3 thoughts on PC作業で肩こりや腰痛に悩む人は

  1. こんなに詳しいガイドラインがあるのですね(驚)。
    ふーた・ろーさ1号の家の「環境」は自己流なので(微苦笑)。
    でも、少しの時間に楽な姿勢と、長時間楽な姿勢の違いは実感(微笑)。

  2. 仰るとおり、短い目で見ても、長い目で見ても。。。
    姿勢は悪い「まま」です(汗)。
    ごっちんさんも心配して下さっているので、もすこし(?!)姿勢を良くしたいと思います(微笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です