音楽と数学の才能


先々週なんですけどね、弊社のパートナーとして活躍してくださっているS氏がドラマーをしているバンド "THE GUTS"さんのライブに行ってきました!

そう、S氏は昼はプログラマーだが、夜の顔はドラマーなんです。

サックスとかトランペットとかが6人もいらっしゃって、迫力がありました!

普段はロックとかメタルとかのライブにしか行かない私。
でも、管楽器もいいね!(*´∀`) 

ところで、数学の才能と音楽の才能って結びつきがあるんでしょうか。
というのは、昔BON JOVIの母親が、ジョン・ボンジョヴィについてのコメントで

「ジョンがミュージシャンになるのはわかっていたわ!
だって、昔っから算数がすごくできたんだもの」

と言っていたんですよ。そうなのかしら?

そして、Sさんもプログラマーかつドラマー。

プログラマーって、きっと数学が強い人が強いでしょうね。

まぁ、リズム感と数の感覚って確かに共通する気がします。
音楽も、4分の3拍子とか言いますもんね。

私はリズム感ゼロなんですよね~
そして、数学は一番の苦手科目でした。あは。( ・∀・)

2 thoughts on 音楽と数学の才能

  1. どうも。その「S氏」です。
    その節はお忙しいところお越しいただき、ありがとうございました。
    確かに数学と音楽ってわりと仲がイイかもしれません。
    たぶん、左脳で構築して、右脳で演奏するのだと思います。
    ただ、自分に関して言えば、高校のときの数学はいつも赤点でしたし、むしろ美術や国語のほうが好きでした。
    プログラミングに関しても、個人的には右脳的というか、図などにして考えたりするとアイデアがまとまったりするほうです。
    数式で考えることは今の仕事の範疇では、ほとんど必要ありませんね(笑)。

  2. あ、殿下!
    このような場所にお越しくださりありがとうございます。w
    芸術肌なんですね。
    やっぱり人それぞれですね~(^_^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です