インフラただ乗り論


一昨日、横浜の福富町というところで会社の仲間と韓国料理に行きました。

福富町、というところは桜木町の駅の西南にあって、めっちゃ風俗街です。
正直一人だったら絶対コワイ!という感じのところですが、意外な名店があったりして・・・。
その韓国料理屋では、まず豚肉の塊を、ドン!と持ってきて、それを炭であぶりながら、おじさんがはさみで器用に細かく切ってくれました。
豚に味が非常にしみこんでいて、めっちゃまいうーです!

チャミスル(鏡月)と百年酒?という韓国焼酎を飲みましたが、なんと3人で3ボトル空けるという暴挙(笑)。
でも、不思議と二日酔いになりませんでした!百年酒、というのは一昨日初めて飲みましたが、高麗にんじんが溶け込んでいるそうで、ほのかな酸味がサワヤカ~!( ´∀`)/
これは、名酒だっ!今後、はまりそうです。。。(^_^)

さて、先月ぐらいかな?
NTT東日本やコミュとかが「インフラただ乗りはおかしい」とかいう話をしてました。
何かというと、Gyaoのサービスが始まってから、非常にトラフィックが増えてコスト的に圧迫されている、ということらしいんですよね。

この辺り、技術的なこととかはあまり詳しくないのでそこは突っ込みませんが、普通に考えて、それっておかしくない?

だって、インフラ業者がユーザーに乗り換えを進めるときは
「光なら動画もサクサクですよ」
とか言ってるわけで、動画配信などのコンテンツがあってこその乗り換えなわけでしょう?
そして、今Gyaoほどコンテンツが充実して、動画配信を一般的にした会社はないよね。
技術的にGyaoの使っている技術は帯域を圧迫するものらしいですが、そしたらそれはその会社同士でまず協議すればいいのに…。

と思ってたら、同じような意見の人がいらっしゃってなんか嬉しいです。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20060309/232143/

Fletsとかコスト度外視してるんじゃないの?って思いますもん。料金とか、キャンペーンとか。
光では絶対負けない!という意志を感じますね。(笑)
うちの実家もYahoo ADSLからFlets 光に乗り換えましたから。
そして、あの宣伝攻勢。

うーん、コストを他の会社に押し付けるより、他に見直すところがあるんじゃない?と思っちゃいました…。

こちらのブログさんで興味深い議論をされているので、紹介させて頂きます。

http://d.hatena.ne.jp/mkusunok/20060303/isp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です