テレビがなくなる日


今日はちとマジメに・・・。

楽天のTBS買収ってどうなったんだ?と思いながら日々が過ぎてますね。
私は賛成でも反対でもありません。お互い合意するならそれでもヨシだし、資本主
義に生きてるんだから強い企業が弱い企業を買収することだって当然有り得るでし
ょうから。

そんな中、今日こんな記事を読みました。

大前研一:テレビ局を今さら買収する楽天のセンスの悪さは致命的
http://nikkeibp.jp/wcs/j/biz/414780

うーん、私大前研一さんのどっか全知全能の神的物言いが好きじゃないんだけど、
時々なるほどと思わせるよね。

実は、私、いつかテレビがなくなるんじゃないかと思ってる一人です。

これだけ、ネットが普及して、ネットでの動画配信も始まってるよね。
一昔前は、もちろん動画配信とか難しかったから話にならないけど、今はこんな風
に比べられるんじゃない?

ネットの利点
・どう考えてもCMは無いほうがいい(時間的に)
・自分の好きなときに好きなものを見たい

テレビの利点
・コンテンツがよい
・導入が容易
・既に家庭に入り込んでいる
・画像が綺麗(今のところ?)

って並べてみると、テレビの利点はネットでもそのうちクリアできそうです。代わりに、テ
レビじゃネットの利点に追いつくことが出来ないよね。

そんなことを言っているうちに、近年、ネットとテレビで視聴者は分散してくるは
ず。
そうすると、まずテレビ局に巨額のCM料を払うスポンサーがどんどんいなくなるよ
ね。
その資金は、ネットとテレビに分散されるわけだから。
すると、テレビのコンテンツの質は落ちてくる。反比例して、ネットは良くなって
くる。
テレビ局は儲からなくなってくる。
広告代理店も勢力図変わってくるでしょう。

それが更に進むと、ネットの方にみんなシフトしていって、テレビを見る人は、昔
を懐かしむほんの一握りの人しかいなくなるかもね。
テレビ局の方からネット会社に「ウチを買ってください」なんて頭を下げる日がく
るかもね。
「あー、あの時高値で買ってもらえばよかった!」なんて後悔してみたりして。

楽天やライブドアにはそんな風に進んでいってほしいな。

あ、ちなみに私は結構テレビっ子なんで、テレビがなくなるのはイヤですよ?!

それは・・・今までも、紙→ラジオ→テレビと繰り返されてきた媒体の変遷なんだ
から、何も不思議は無いんじゃない?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です