後日談


こんちわ。

先日、西日本新聞に広告出しましたって話を書いたんですが・・・

インターネットって残酷ですね。結果がすぐわかるから・・・。

結果、アクセス数など、この新聞広告で伸びたということは弱冠数見られたものの、多くはありませんでした。

まぁしょうがないか・・・

前にそういうコンサルの先生の書いた本で読みましたが、チラシを2万枚配ったとしても、有効問い合わせって10件以下なのが普通なんですって。広告ってモノがいかに無駄に流されているか、ということですね。

自社でも、有名雑誌に広告出しても、ぜんぜん問い合わせ増えませんもの(w

でも、宣伝をしないと誰も気づいてくれない。だから、しないわけにはいかない。

きっと、重要なことは

・小額でも垂れ流すことはただのお金のムダ使い

・スペースが小さくても、内容をインパクトのあるものにする

とかなんでしょうね。今回、その辺りの検討が少なかったな、と反省してます。

勉強になりますわ。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です