コンピュータ・ウイルスに番号を割り振る取り組み


こんばんわ。

コンピュータ・ウイルスに番号を割り振る取り組みがスタートしたらしいです。

うーん、それはいい案だ!というより、なんで今までなかったの?というぐらいの気持ちです。

ここにあるように、ウイルスの名前って、各ウイルス対策ソフトベンダーが勝手につけてるんですよね・・・。流行っているのとか、先に名前が出てるものは追従してるところはしてるけれど。

「シマンテックで○○っていってるウイルスは、トレンドマイクロでは何て名前なの?」

って調べるのが、結構大変だったりする。それが、亜種とかだったりすると、特に・・・。

よく記憶しているのが、Blasterウイルスが流行った一昨年、各ベンダーが「Blaster」という名前にせっかくしてるのに、マカフィーだけが「Lovsun」(つづり違うかもしれません。)という名前にしてたこと。

多分、このウイルスに感染した人の多くが〝Blaster〝で探すだろうに。。。

独自の名前にこだわって、ビジネスチャンスを逃しちゃったんだうな・・・って思います。

うまくこの仕組みが働くといいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です